宮崎県信用保証協会
文字サイズの変更 大きくする 元に戻す 小さくする

協会からのお知らせ

宮崎県信用保証協会について

個人情報保護について

コンプライアンス

信用保証のしくみ

ご利用案内

相談窓口(お問い合わせ)

統計

情報公開"

リクルート情報

会員専用ページ

 令和3年10月13日(水)に宮崎県防災庁舎におきまして、本年度2回目の標記会議を
開催しました。
 本会議は、コロナ禍での中小企業の今後の経営改善や事業再生支援の取り組みを強化
するため本年2月に再構築したもので、金融機関、商工団体、中小企業支援機関、士業
団体など31機関、54名の出席をいただきました。
 情報交換では、当協会経営支援部より「信用保証協会における対応について」と題し、
令和3年度の新型コロナ関連貸付を含む条件変更実績、及び同制度利用先に対する
フォローアップ、経営サポート会議(みやざき経営アシスト)を通じた個社支援実績につい
て説明しました。
 その他ネットワーク構成機関である宮崎県弁護士会より「事業再生・事業承継における
法務と弁護士による支援」について、並びに宮崎県商工観光労働部より、「県の新型コロ
ナウイルス感染症に関する事業者支援(支援金等)」について説明をいただきました。
 また、ワーキンググループの設置について説明し承認を得て、参加については各機関
での検討をお願いしました。
 最後に、アドバイザーとしてご出席いただきました九州財務局宮崎財務事務所松久保
理財課長より、今後の事業者支援に対して実行性のある経営支援体制を推進していくよう
コメントをいただき、九州経済産業局産業部中小企業金融課江頭経営承継専門官より、
このネットワークを最大限に活用して引き続き県内中小企業の経営支援を行うようコメント
をいただきました。
 なお、本会議の内容につきましては、関係機関に実務担当者の皆様への周知を図るため、
後日、YouTube上での公開を予定しておりますので、各関係機関内部での周知について
ご協力をお願い致します。

◇会議の様子
jpgjpg

ページトップ