文字サイズの変更 大きくする 元に戻す 小さくする

協会からのお知らせ

宮崎県信用保証協会について

個人情報保護について

コンプライアンス

信用保証のしくみ

ご利用案内

相談窓口(お問い合わせ)

統計

情報公開"

リクルート情報

会員専用ページ

1.金融機関からの借入がスムーズになり、借入れ枠が拡大します。
金融機関との取引の浅い方、あるいは初めての方でも保証協会の信用保証でスムーズに融資が受けられます。
お取り引き金融機関のプロパー借入と保証付き借入との併用で、借入れ枠の拡大が図れます。
2.借入れ条件が、より有利に。
無担保や無保証人の保証制度や、「宮崎県中小企業融資制度」をはじめとする国・県・市・町の低利な融資制度をご利用頂けます。
3.長期借入れや反復継続の信用保証も可能。
長期の借入れには返済期間が最長20年の「長期経営資金保証」を、また必要なときに調達、余裕のあるときに返済、効率的な資金運用に「当座貸越根保証」や「事業者カードローン根保証」もあります。
4.担保設定に、優遇措置。
信用保証協会に担保をご提供いただきますと、登録免許税率が軽減されます(4/1000→1/1000)。 例えば1000万の設定で3万円も安くなります。
また、保証協会に担保を差し入れますといずれの金融機関からの借入れにもご利用いただけます。
5.経営相談に応じます。
保証申込、保証条件の変更等について、迅速かつ適切な対応が図れるよう経営相談(無料)に応じております。
6.公的な保証機関である保証協会を利用することにより、対外的信用が広がります。

ページトップ

お申し込みに際しましては、下記の書類が必要となります。
ただし、下記書類は最小限のものであり、申込内容ならびに保証制度等によっては、別途ご提出をお願い知る場合もありますので、ご了承下さい。
個人

  ・印鑑証明書
  ・固定資産名寄帳(市町村役場)
 〜上記は本人・連帯保証人全員分〜  
  ・過年度の申告決算書 3期分
   (損益計算書・貸借対照表の写) 
  ・信用保証委託契約書   




法人

  ・印鑑証明書
  ・固定資産名寄帳(市町村役場)
 〜上記は本人・連帯保証人全員分〜  
  ・商業登記簿謄本
  ・定款(写) 
  ・決算書 3期分(勘定科目明細のあるも
   の)および直近の合計残高試算表 
  ・組合の場合は、組合員名簿および借入
   の最高限度に関する議事録
  ・信用保証委託契約書   

上記以外の添付書類 〜個人・法人共通

  1. 許認可登録等を必要とする業種については、営業許認可登録証の写
  2. 不動産担保提供の場合は、不動産の登記簿謄本・字図・配置図・付近の見取図等
  3. 建設業等の請負業者の方は、現在の工事現況一覧表等(金融機関所定の様式で可)
  4. 飲食業の方は、風俗営業をしていない旨の宣誓書(所定の様式あり)
  5. 設備資金の場合は、設備の見積書・図面等
  6. 特別小口保証を利用の場合は、所得税(含む法人税)、事業税、県市町村民税(所
    得割)のいずれかの納税証明書(年度をまたがり場合は2ヵ年分)
  7. 制度資金については、所定の添付書類が必要となる場合がありますのでお尋ね下
    さい。
  8. その他、必要に応じて協会がお願いする書類(例:資金使途明細表、資金繰表等)

  ※必要に応じて金融機関にお願いする資料
    ゞ睛撒ヾ惻莪状況表(金融機関所定の様式で可)
   ◆―還能力ならびに要償還明細表(金融機関所定の様式で可)
    不動産担保取扱の場合は、金融機関の不動産担保調査書(写で可)
   ぁ,修梁

  ※最近、当協会の保証を利用されている方は、省略できる書類もございます。

ページトップ